ウルトラマラソンって何?

ウルトラマラソンとは、フルマラソン(42.195Km)より距離の長いマラソンの総称です。

世界各国で50Kmから数百Kmのものまで、様々な距離・規模の大会が開催されています。

日本においては「サロマ湖100Kmウルトラマラソン」がその始まりだといわれています。

距離に応じて制限時間が設けられている場合が多く、100Kmであれば13時間から16時間の大会が多いようです。

ただし、なかには時間無制限で開催される大会もあります。

参加費は、競技中の飲食代、記念品、保険料などを含めて1万数千円が目安です。

参加資格は特になく、「18歳以上で健康な者」、「制限時間内に完走できる者」といった程度の大会が大半です。

しかしながら、かなり過酷なマラソンになりますから、普段あまり運動をする習慣がない人は参加を見合わせたほうが良いでしょう。

できればフルマラソンの経験者に参加をおすすめします。

万が一、走っている最中に体に異常をきたしても、ほとんどの場合が参加者の自己責任となります。

体調管理は万全にしてレースに臨みましょう。

大会前に健康診断を実施し、心臓や血圧に異常がある場合は参加を禁じられるケースもあるようです。

ウルトラマラソンに臨む際は、日頃のトレーニングが欠かせません。

マラソンの距離にもよりますが、最低限、大会の3ヶ月前から走る習慣を身につけて、10キロは楽に完走できるような体力を確保しておきましょう。

ただし、ハードワークは故障の原因になります。

自分の体力、年齢を勘案して、計画的なトレーニングを行なってください。