ニキビと活性酵素の関係

ニキビケアの中で大切な事は、ニキビが出来にくい肌質を作ること。

つまり、毛穴の中に皮脂を溜め込まないよう、洗顔のたびに毛穴の中に詰まっている皮脂や汗、メイクの汚れなどをキレイに取り除くことができるのが理想的なニキビケアと言われています。

そこで注目されているのが活性酵素。

活性酵素は洗濯洗剤などにも用いられている成分で、毛穴など細かい隙間にも確実に入り込んで汚れを確実に洗い落とす事ができる心強い成分。

活性酵素が配合されている洗顔剤なら確実なケアができるといわれていて、ニキビケアにも活性酵素はとても大きな効果があるようです。

活性酵素は毛穴の中に入り込んで毛穴のお掃除をするだけではありません。

毛穴の中に詰まっている古い皮脂や角栓などはスピーディに分解してくれますし、肌の表面に残っている古い角質は分解して毛穴の通気をよくしてくれます。

これはすべて酵素のパワーによって洗浄することができるので、ゴシゴシと顔をこする必要は全くありません。

素晴らしい成分ですよね。

活性酵素が使われているスキンケアの多くは洗顔フォームが多いのですが、酵素パックなども集中ケアとしてとても人気があるようです。

また、肌に直接つけるのではなく口から摂取するサプリメントなどでも活性酵素は人気があるようで、体の内側からも外側からもニキビケアできるのは嬉しいですね。

活性酵素が主成分の洗顔パウダーなどは、ニキビに直接塗布する事も可能なのだそうですよ。

寝る前にパウダー状の活性酵素を少し水で溶いて、ニキビに直接チョンチョンとつけて寝ると、翌朝にはニキビの膿などがスーッとひいて乾燥したニキビになっているのだそうです。

ぜひお試しください。