学歴と求人の関係?

求人情報を見ると、そこには多くの場合「高卒以上」「大卒以上」など、最低必要な学歴が記載されている事も少なくないようです。

学歴と求人は以前ほどではないものの、それでもまだまだ大きな関係があります。

学歴がどのぐらい重視されるかは、その企業カラーや職種によってずいぶん異なります。

新卒採用の方が転職採用よりも学歴は重視される事が多く、誰もがよく耳にするような大企業では、大卒と言っても一流大学の卒業者しか採用されないという事も少なくないようです。

なぜ新卒採用の時には学歴がとても重視されるのかというと、新卒者は社会経験もなく、それまでの仕事に対する態度や経験、スキルなどはゼロなため、企業側にとって比較できる要素といえば「学生の本業でもある学業に対する姿勢と態度、そしてその成果」が採用基準として大きなウェイトを占めているようです。

しかし、転職活動の場合には、その学歴の壁がある程度低くなり、その代わり、社会人としての経験や知識、スキルなどが重要視されてきます。

学歴が高くても即戦力にならない人材よりは、知名度が低い学校でも即戦力になる人材を企業が求めるからなのです。

そのため、新卒採用の時に希望していた企業があり、書類選考で落とされてしまった経験がある方などは、社会人として経験と知識をつんでから再挑戦する事も十分に可能なようですよ。

「子供の頃から憧れていた企業に、転職をしてようやく入社する事ができた」という方も少なくないのだそうです。