ベビーマッサージ 資格取得方法

ベビーマッサージは、生まれたての赤ちゃんから幼児まで幅広く使うことができるマッサージ方法です。

皮膚の機能を高めることができ、母子のスキンシップにもつながります。

ベビーマッサージはマタニティ期より学ぶ事ができ、出産後すぐの実践も可能ですので、妊婦を中心に講師資格を取ることやちょっとした勉強をされる方が急増中です。

ベビーマッサージの資格を取得する方法ですが、まずは、講師資格を持った方からマンツーマンでレクチャーを受けることから始まります。

規定時間の理論学習と実技等を受け、筆記と実技の認定試験とレポート提出をクリアすることで資格を取得することができます。

ベビーマッサージの資格を取ると、施術を行うことができます。

またハンドマッサージやリフレクソロジーなどの勉強も授業の中に含まれていますので、赤ちゃんのみならずお母さんに癒しを提供することができるようになります。

またベビーマッサージの資格だけではなく、ベビーサインやアロマセラピーなどの資格を同時に取得することでサロン経営や講師として勉強会を開いたり資格取得のための講義を提供することもできるようになります。

ベビーマッサージの資格取得のための窓口は多岐にわたりますが、一番の近道は地元のべピーセラピストが開催するセミナーなどに参加することが良いでしょう。

赤ちゃんの模型でレクチャーを受けることができますので、これから出産を控えた方や、子育てを終えた方でも安心して講義を受けることができますよ。